So-net無料ブログ作成
検索選択

医業顧客獲得法のDVDの予約受付中です! [お知らせ]

税務・経営相談・行政対応
何でも相談してくる 医師に喜ばれる会計事務所の情報獲得・相談対応

上記タイトルで書籍「税理士のための医業顧客獲得法」、音声解説CD ×3枚計1 8 0 分、レジュメ小冊子のセットが株式会社レガシィで予約受付中です。
https://www.legacy-cloud.net/reserved_products/3111

講義内容は下記の通りです。
第1部 医業経営コンサルティングの業務内容 顧客に信頼されるためのコツ
1 医業経営コンサルタントとは
2 呼称・名称
3 医業経営コンサルティングの業務範囲
  (1)業務範囲
  (2)得意分野が限られている場合
  (3)病医院経営者と税理士では医療専門と いう 言葉の意味が違う
  (4)士業の独占業務
  (5)特に知っておきたいこと
  (6)間違った行政指導への対処法

第2部 医療業界に精通する方法
1 価値のある情報と価値がほとんどない情報
2 価値のある情報例
  (1)病医院(医療法人を含む)でも物販可能
  (2)医療法人とMS法人の兼務は可能な場合もある
  (3)消費税の会計処理は税抜が有利
  (4)研修医にも報酬を支払える
3 価値がほとんどない情報例
4 間違っている情報
5 医療業界に精通する方法
  (1)税理士という枠にとらわれない
  (2)ひたすら自分で調べる(原典主義)
  (3)情報通から教えてもらう
  (4)経験は最大の武器

第3部 税理士が知っておきたい医療法人に関する事項
1 医療法人は同族会社ではない
2 議決権は社員1人につき1個  
3 株式会社でも医療法人の出資持分を持つことができる
4 理事長貸付金を解消する方法
5 役員の任期は2年
  (1)任期満了時の取扱い
  (2)任期途中の解任
  (3)補欠選任または増員された役員の任期
6 分院をスムーズに出す方法
7 医療法人の会計基準
  (1)会計基準
  (2)株主資本等変動計算書
8 サプリメントと医療費控除

値段は32,400円(消費税込)と少し高めですが、内容は充実していますので、興味のある方は是非ご購入下さい。
よろしくお願い致します。


税理士法人小山会計見学&昼食会のご案内 [お知らせ]

平成29年7月1日に上田東急REIホテルにて平成29年度上田大会を開催しますが、「税理士のための医業顧客獲得法」の著者で会員NO.9と古参の会員である税理士法人小山会計 代表社員 小山秀喜先生のご厚意で希望者には税理士法人小山会計の見学及び昼食会をさせて頂けることになりました。

税理士法人小山会計は長野県上田市にあり、上田大会の会場である上田東急REIホテルから近いですし、小山会計は長野県有数の税理士事務所です。
税理士事務所を見学できる機会はそれほど多くないので是非皆さまご参加下さい。

税理士法人小山会計
http://www.koa-g.com/

見学は10分程度を予定しており、その後は上田で美味しいと評判の「丸屋そばの里」で昼食を食べながら歓談したいと思います。

丸屋そばの里(食べログ)
https://tabelog.com/nagano/A2004/A200401/20000346/

なお、見学は無料ですが、ランチは各自で実費負担して頂きます。

また、午後2時から上田東急REIホテルにて特別講演がスタートしますので、遅くとも午後1時30分には昼食会を終え、ホテルへ移動します。(西岡は講師の大塚先生をお迎えしたりする都合上午後1時には昼食会を終えホテルへ移動します。)
ご承知おき下さい。

※集合場所・集合時間は参加状況を見ながら後でご案内します。

参加希望者は必ず医業経営研鑽会の会員専用ページで事前参加登録をして下さい。
よろしくお願い致します。

平成29年3月号の事例研究会レポート [事例研究会の活動報告]

平成29年2月17日に開催された事例研究会において話し合われた内容をまとめた平成29年3月号の事例研究会レポートを会員の皆さまに配布しております。

今回のレポート内容は下記の通りです。
1.薬局及び診療所開設の許可申請について
2.医療機器やサプリメント等の交付について
3.不安を煽るDMに対する注意喚起
4.解散する医療法人における過大役員退職金の問題
5.理事長への貸付金の問題

事例研究会レポートは過去の分も含めてサイボウズLiveにWordと一太郎のファイルでUPしているので、正会員の皆さまはご自由にダウンロードして下さい。

なお、今回の事例研究会レポートもライターの橋口佐紀子様に作成を依頼しています。

平成29年4月21日の教育研修会のご案内 [教育研修会の活動報告]

平成29年3月17日に定例会を開催しました。
横浜医療法務事務所 行政書士 齋藤由里子先生にクリニック勤務時代の貴重な経験談や医療法改正に伴う定款変更の具体的な進め方についてお話頂き、とても勉強になりました。

次回の定例会は平成29年4月21日に「AP西新宿 6階Pルーム」にて開催致します。
教育研修会のテーマと講師は下記の通りです。

テーマ
「行政書士が扱える補助金・助成金の概要、申請時の注意点」

講師
行政書士オフィス天晴 代表 行政書士 藤原和重先生

藤原先生も2月の山田先生、3月の齊藤先生に引き続き医業経営研鑽会初登壇なので、とても楽しみです。
皆さま是非ご参加下さい。

4月21日の体験参加は受付中です。
体験参加をご希望の方は事務局までご連絡下さい。

医業経営コンサルティング研究会のチラシが出来ました [お知らせ]

日本法令本社で毎月第4金曜日の午後6時30分から行っている医業経営コンサルティング研究会(クリニック編)のチラシができました。
PDFファイル(693KB)です。
http://www.kensankai.org/pdf/kenkyukai.pdf

会員の皆さまは各自でダウンロードして頂き、研究会の紹介にご協力下さい。
よろしくお願い致します。

なお、医業経営研鑽会オフィシャルホームページからダウンロードもできます。

定例会(3月17日)の開催と事務局員退任のお知らせ [お知らせ]

今週金曜日(3月17日)午後5時30分から「AP西新宿 5階Cルーム」にて定例会を開催いたします。
教育研修会のテーマと講師は下記の通りです。

テーマ
「改正医療法施行後(平成28年9月1日施行)の定款作成・定款変更の実務と留意点
~高度医療特区でのクリニック勤務経験のウラ話付き~」

講師
横浜医療法務事務所 行政書士 齋藤由里子先生

3月17の体験参加は後1名のみ参加を受け付けます。
体験参加をご希望の方は早めに事務局までご連絡下さい。

ところで、昨年から事務局員をしていた根岸は一身上の都合により医業経営研鑽会の事務局員を先週末で退任しました。
後任の事務局員はすぐに募集しますが、後任が決定するまでの間、私(西岡)が事務局員を兼任します。
事務局員が頻繁に代わり、会員の皆さまにはご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。

なお、3月17日の定例会は当事務所職員が受付の代役を致します。
以前にも代役をしたことがある職員なので、皆さまにご不便をおかけすることは無いと思います。
ご安心下さい。