So-net無料ブログ作成
お知らせ ブログトップ
前の10件 | -

厚生労働省医政局に対して意見書を提出しました [お知らせ]

最近、医療法人の出資持分を持つ者の死亡に伴う出資持分払戻請求に関する相談が多くなってきました。
実際に訴訟になっているケースもあります。

その原因の1つとして考えられるのが、平成27年3月に厚生労働省医政局の委託で株式会社川原経営総合センターがまとめた報告書です。

この報告書の中に下記のような記載があるからです。

定款中に改正前モデル定款第9条と同趣旨の規定が存在する医療法人において、持分を有する社員が死亡により社員資格を喪失した場合、当該社員のもとで持分払戻請求権が発生すると同時に相続されると考えますので、結果的には相続人が請求権者となります。

持分(厳密に言うと持分払戻請求権)については、財産価値を有するものとして、相続税の課税財産に含めることとされています。

しかし、これは間違ってきます。
経過措置型医療法人の持分を有する社員が死亡したときは、一般的に出資持分という権利を相続します。
持分を有する社員が出資持分払戻請求権を行使する意思を表明している時に例外として出資持分払戻請求権というを権利を相続するのであり、報告書に書かれていることは全く逆です。
この報告書の記載が正しいのであれば、持分を有する者が死亡するたびに医療法人に対して出資持分払戻請求が行われ、医療法人は存続できません。

医療法人は、「医療事業の経営主体を法人化することにより、医業の永続性を確保するとともに、資金の集積を容易にし、医業経営の非営利性を損なうことなく、医療の安定的普及を図る」ために創設された法人です。
そのため今までに医療法人が存続できるよう、出資額限度法人制度を設けたり、いわゆる認定医療法人制度を設けてきましたが、この報告書は前述したように持分を有する者が死亡するたびに医療法人に対して出資持分払戻請求が行われることを認めており、医療法人を破産に追い込む危険性がとても高く、医療法人の存続を否定しているとも言えます。

持分のない医療法人に移行できない医療法人はいまだに多くあります。
自らの意思で移行しない医療法人ばかりでなく、出資者全員が持分の放棄に同意しないところや、社員の中に認知症の高齢者がいるところもあります。
このような医療法人にとって本当に迷惑な報告書だと言えます。

このまま間違っていることを放っておくと多くの医療法人がさらなる出資持分払戻請求を要求される恐れがあるので、本日、一般社団法人医業経営研鑽会の名前で、厚生労働省医政局に対して意見書を提出しました。

なお、この意見書の写しは一般社団法人日本医療法人協会にも送付しています。
多くの医療法人にとって人事ではないと思いますし、もし厚生労働省医政局が何も動かないときはお力添えを頂けないかと思ったからです。

もし、出資持分払戻請求に関する資料を欲しいという方がいましたら、一般社団法人医業経営研鑽会 事務局宛にメールをして下さい。

この件について何か動きがありましたら、またブログでご報告致します。


nice!(0)  コメント(0) 

新刊の著者紹介用の集合写真を撮りました。 [お知らせ]

日本法令から令和元年7月頃に
「病医院の終わらせ方が気になりだしたら最初に読む本」(仮)
を発売する予定です。

この本は医業経営研鑽会が令和で最初に出版する書籍です。
内容は病医院の事業承継、M&A、廃業などについて詳しく解説しています。
著者は下記の4名です。

税理士法人小山会計 小山秀喜先生
行政書士法人横浜医療法務事務所 岸部宏一先生
税理士法人晴海パートナーズ 小島浩二郎先生
株式会社医療経営 池田宣康先生
(会員番号順)

今回私(西岡秀樹)は監修として参加しました。

すでに入稿は済んでおり、これから校正に移りますが、著者紹介に集合写真を掲載することになったので、昨日著者4名と監修1名全員の集合写真を撮りました。
監修のくせに真ん中で目立っていて恐縮です(汗)

DSC_0010.jpg

発売日が正式に決まりましたらご案内致しますので、皆様是非ご購入下さい。



nice!(0)  コメント(0) 

6月29日の葉山大会の2次会について [お知らせ]

2019年6月29日の葉山大会の2次会についてご案内いたします。

葉山大会の会場は佐島マリーナホテルですが、夜になると近くに飲食店はないので、ホテル内で2次会をやります。

ホテルの会議室を借りて、そこで利き酒会をやります。
参加者各自は美味しいと思うお酒を一本と、お勧めするおつまみを1つ持参して下さい。
お酒は720ml程度のものでお願いします。
お酒のジャンルは問いません。日本酒、ワイン、焼酎等なんでもOKです。
冷やして飲むお酒の場合はホテルのクーラーに入れるなどして保管して下さい。

おつまみもジャンルは問いませんが、冷蔵品の場合はクーラーボックスに入れる等、食品が傷まない配慮をお願い致します。

2次会参加者全員で投票を行い、1位に選ばれたお酒とおつまみに対して賞品を出します

2次会にはカラオケも用意する予定ですが、メインはあくまで利き酒会です。

皆様お勧めの一品を是非お持ちより頂き、楽しい2次会を行いたいと思います。

すでにご案内しておりますが、葉山大会の懇親会にはマグロ解体ショーも行います。
皆様のご参加をお待ちしております。

nice!(1)  コメント(0) 

次の理事の立候補を受け付けています [お知らせ]

一般社団法人医業経営研鑽会の設立時の役員は2019年6月29日をもって任期が満了します。
そのため3月19日に開催した理事会で次の役員改選の方法について検討した結果、下記の方法で改選を行うことになりました。

1.まず理事の立候補を受け付ける。(会長、副会長は改選後の理事から選出します)
2.立候補した者が5名に満たない時は正会員全員に理事推薦のアンケートを行う。
3.アンケート結果で15票以上を獲得した正会員に理事就任の意思を確認したうえで、理事に推薦する。
4.立候補者及びアンケート結果により推薦した者について6月29日の総会で信任を問う。

したがって、まずは4月30日まで理事への立候補を受け付けます。
立候補される正会員はチャットワークにコメントするか事務局までご連絡下さい。


なお、監事については設立時の監事を次期の監事として推薦することが理事会で決定しています。
ご了承下さい。

nice!(0)  コメント(0) 

葉山大会でマグロ解体ショーをやります! [お知らせ]

2019年6月29日に佐島マリーナホテルで研鑽会の葉山大会を開催しますが、その懇親会の目玉として
マグロ解体ショーをやります。

マグロ解体ショー①.jpg
マグロ解体ショー②.jpg

皆様の目の前で豪快にマグロ一匹を解体して、お刺身やお寿司などで召し上がって頂きます。

マグロ解体ショー⑤.jpg

皆様是非葉山大会にご参加下さい。
参加をご希望の方は会員専用ページから事前参加申込を必ずして下さい。
よろしくお願い致します。


nice!(0)  コメント(0) 

4月19日の教育研修会のテーマが決まりました [お知らせ]

2019年4月19日(金)の教育研修会の講師とテーマが決定したのでお伝え致します。

講師 パロス法律事務所 弁護士 櫻町直樹先生
テーマ インターネット上の誹謗中傷とその対処方法

医療機関ではインターネットでの書き込みに困っているところが多いです。
もちろん批判的な書き込みであっても事実であれば貴重なご意見であり、医療機関として今後改善すべきですが、問題なのは明らかな悪意がある書き込みです。
複数のアカウントを使って複数の書き込みをしたり、診療内容に全く関係ない個人的な恨み?に基づき書き込みについては、厳正に対処する必要があります。

そこで4月19日は弁護士の櫻町直樹先生に、インターネット上の誹謗中傷についての対処方法等の概説や病医院に対する誹謗中傷事例についてお話頂く予定です。

皆様是非ご参加下さい。

なお、櫻町直樹先生は本会の正会員ではないので、4月19日の事例研究会の座長は私(西岡秀樹)が務めます。
ご承知おき下さい。


nice!(0)  コメント(0) 

2019年葉山大会のご案内 [お知らせ]

2019年葉山大会の概要が決定したのでお伝え致します。

日程
2019年6月29日(土)

会場
佐島マリーナホテル

神奈川県横須賀市佐島3-7-4
TEL046-856-0141(代)
http://sajimamarina-hotel.com/

特別講演
時間 午後2時~午後4時

テーマ
【医療とAI】
~自動車メーカーの企画開発現場から見た医療業界とAI

講師
竹村 潤先生
・マツダ株式会社 統合制御システム開発本部主幹研究員
・東京大学大学院医学系研究科音声病態分析学講座客員研究員

総会
時間  午後4時分~午後5時
※総会は正会員のみ参加できます。

懇親会
時間 午後5時~午後7時
※着席ビュッフェ方式で行う予定です。

参加費
正会員・・・・・無料
準会員・・・・・11,000円(消費税込・懇親会参加費用含む)
※準会員の参加費はまだ理事会の承認を得ていないので変更となる可能性があります。予めご了承下さい。

会員専用ページに2019年葉山大会のページを作成しました。
参加予定の方は必ず事前参加登録をお願い致します。

皆様の参加をお待ちしております。

nice!(1)  コメント(0) 

会長への個別相談について【再掲】 [お知らせ]

医業経営研鑽会のオフィシャルサイトや本プログ等で、会長(西岡)への個別相談について周知を図っていますが、私が周知していると思っているだけで、知らない会員が大半のようなので、改めて個別相談についてご案内いたします。

準会員の会長(西岡)又は事務局への電話・メール等での個別相談は受け付けておりません。

正会員はチャットワークで事前に個別相談の申込みをして頂ければ会長との個別相談は可能です。
ただし、絶対に事前の申込みなく電話等で直接個別相談を依頼するのはお控え下さい。

準会員の方は事例研究会に傍聴のみの参加はできますが、事例研究会での個別相談もできません。
どうしても、個別相談をご希望される方は正会員で入会のうえ、事例研究会で質問するか、事前にチャットワークで申し込みして下さい。

なお、入会した皆様に必ずご案内していますが、facebookの「質問・情報交換フォーラム」は正会員・準会員の皆様がご利用頂けます。
ただし、facebookは会員同士による質問、意見、情報の交換等を目的としたフォーラムです。
回答者を指名することはできませんし、必ず私が回答するとは限りません。
フォーラム上でたまに私を指名して質問をする人がいますが、絶対に辞めて下さい。
facebookの「質問・情報交換フォーラム」に未登録の会員で、facebookをご利用されている方は「西岡秀樹」宛に友達リクエストをして頂ければフォーラムに登録致します。

nice!(0)  コメント(0) 

新年のご挨拶 [お知らせ]

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

今年は一般社団法人として迎える初めての年です。
気持ちを新たに本会の活動を行っていきたいと思います。

今年も会員の皆様のご期待に少しでも応えるよう全力で取り組んでいきますので、何とぞよろしくお願い申し上げます。


nice!(0)  コメント(0) 

年末特別セミナーと忘年会は大盛況でした [お知らせ]

平成30年12月21日(金)に年末特別セミナーと忘年会を行いました。

年末特別セミナーはアドバイザリースタッフ研究会 代表世話人・薬剤師である千葉一敏先生に「意外と知らない医療関係の法令違反 ~景表法、特商法の違反事例と、消費者クレームから考える~」というテーマについてお話頂きました。
とても勉強になりましたし、随所に笑いがおこるなど面白いセミナーでした。

DSC_0002.JPG


その後の忘年会も盛り上がりました。
余興の司会はお笑い芸人の大竹彩路さんにして頂きました。
ユーモアたっぷりの前説から始まり、とても楽しかったです。
DSC_0007.JPG

最初のライブは純愛★純情倶楽部のお二人でした。
コントを交えたライブととても新鮮でした。
DSC_0011.JPG

最後は中板橋のご当地アイドル中板橋へそりんちょ!の皆さんに歌って頂きました。
DSC_0021.JPG

余興の出演者も「税理士や弁護士などお堅いメンバーの忘年会なので盛り上がるか心配でしたが、皆さん手拍子をしてくれたりと予想以上に会場が盛り上がったのでよかったです」と一安心だったようです。
DSC_0025.JPG

今年の医業経営研鑽会の活動はこれで最後です。
会員の皆様、今年も一年間お疲れ様でした。

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - お知らせ ブログトップ